UCHIDA

内田工業株式会社

ユニバーサルデザイン

「一人でも多くの人に…」をコンセプトに

一人でも多くの人が参加でき、一人でも多くの人とコミュニケーションが図れると共に、個々の「自立」をサポートするための何気ない配慮を行っています。
ユニバーサルデザインは、目的ではなく手段です。

UCHIDAが見る、創造と普遍の世界。

サイン ベーシックコンセプト

高齢者
様々な心身機能の衰えから、以下にあげる様々な障害が複合することが多いため、それらに対応する配慮が必要です。
杖等の利用者
杖の先が滑りやすい、広い歩行幅が必要等の心身機能の特性に対応し、砂利の舗装を避ける、園路や階段の幅を広くとるなどの配慮が必要です。
車椅子使用者
座位で移動するため視点が低い、わずかな段差が移動を困難にするなどの、車椅子使用者の特性に対応し、案内板の高さ等、視点が低くても見やすい工夫や、段差を必要以上設けないなどの工夫が必要です。
視覚障害者
空間把握が困難、文字情報が認識できないなどの視覚障害の特性に対応し、移動には何らかの連続するガイドが必要、点字は劣化せず汚れない工夫が必要です。

ユニバーサルアクセス (スロープ)

ユニバーサルアクセス (スロープ)

沖縄:海軍壕公園

沖縄:海軍壕公園

ユニバーサルアイテム (伝声管・サウンドプレイ)

ユニバーサルアイテム (伝声管・サウンドプレイ)

ユニバーサルアクセス (幅広すべり台)

ユニバーサルアクセス (幅広すべり台)

クッション系遊具

クッション系遊具

ネット系遊具

ネット系遊具

ユニバーサルブランコ

ユニバーサルブランコ

ユニバーサルアクセス (ローラースベリ台)

ユニバーサルアクセス (ローラースベリ台)